演目

忍び外伝 サン・フアン・バウティスタ号の夢

上演時間20分

時は元和6(1620)年。黒脛巾組の忍者・飛龍と梓は、伊達政宗の重臣・片倉小十郎から呼び出され、ある密命を与えられる。
その任務とは、ヨーロッパからの航海を終えて長崎港へ帰着した支倉常長を護衛し、無事に城へ連れ帰るというものだった。
幕府による切支丹弾圧が強まる中、洗礼を受けてローマ教皇にも謁見した支倉の存在が世に知られれば一大事。いや、それだけではない。そもそも彼の渡欧には、天下を揺るがす壮大な計略が秘められていたのだ……。

独眼竜と呼ばれた男が、一隻の帆船に託した大いなる野望――
見果てぬ夢に命を賭ける忍びたちに、軍神の加護は訪れるか!?