登別伊達時代村とは

一歩踏み込めば、そこは時空を超えた江戸時代。
街道に軒を連ねる商家に勇壮な武家屋敷、あっと驚くカラクリ満載の忍者屋敷……
北海道の大自然に溶け込んだ情緒あふれる街並みに、武士が、忍者が、花魁が、町人たちが息づき、
迫力のアクションや華麗なパフォーマンスに彩られた一大エンターテイメント空間が広がっています。

日常をしばし離れて、ひとときの時間旅行を心ゆくまでお楽しみくださいませ。

登別伊達時代村の由縁

独眼竜の異名で知られる伊達政宗。村内には、彼の統治した仙台藩にゆかりの建物が数多く再現されています。

片倉小十郎と登別伊達時代村

温泉地として全国的に名高い登別は、伊達政宗の右腕・片倉小十郎の末裔が明治期に切り開いた土地。登別伊達時代村はその開拓精神を今に受け継いでいます。